ANTHOLOGY

スナップは時代の目撃行為だ。

異国と言うにはあまりに近すぎて。

何故、あの時ずっとソウルへ行っていたのか、この頃自問自答を繰り返す。 '05年から始まり、'11年迄の間に10回渡航した。もう最初の切っ掛けを思い出すには、はるか昔に思える。

望郷の海

'10年4月、すでに8回目の訪韓。いつもは仁川空港からすぐにバスで、ソウル市内へ向かってた。あまり多い荷物ではないけれど、それでもすぐにホテルに荷物を置き。身軽になってソウル市内をスナップしたかった。 この時はソウル市内へはすぐに向かわず、ソウ…

冬のソウル、忠武路。

'08年、冬のソウルへ初めて行った。 ソウルの北緯は日本で言えば新潟位、東京で生まれ育った私には初めての寒さ。気温は日中で-7℃位だから、日が傾けば二桁のマイナスになる。 この旅でソウルの季節は全部体験した事になる。 何故、こんなにもソウルへ行って…

今ここに北河街街市。

'12年3月、2度目の香港に行った。 初めて香港に行ったのは確か'06年。その時はなんの考えもなしに香港に行き、帰国後に星野博美さんの「転がる香港に苔は生えない」を読んだ。

ソウル11.08.15光複節。

'11年春、私はその年の夏をソウルで過ごそうと考えた。それは8月15日を反日感情の強い場所で過ごしたら、なにか分かるのでは無いかと。そんな淡い期待があった。 夏に休暇を取り、8月14日にソウルは金浦空港へ降り立った。